2010年7月25日日曜日

「天地明察」 冲方 丁

本のレビューはどんどんしていくと言いながら、せずに次々と読んでレビューしてなかったけど、この本は久々に一気に読んだのでUp!



J-waveのウイダー POWER YOUR MORNINGのコーナーで冲方さんが登場してるのを眠たいながらも聞いてたんだけど、なぜだかすごーい気になって、気になってなしゃべり方?知性?人間性でしょうね。。で、今まで覚えてたので、買ってみたらやっぱりおもしろかった!
すっかり話題の人になってるので、もう読んだ人も多いでしょが、Upデス。


まず、テーマがイイ。
「暦」にまつわる、今でいう天文学、神道、数学、政治とリアルな1人の人生の描写。面白かったな〜。力湧きます。工学部出てるのに、和算も知らず、 暦もよく分からずで、すんごい興味が湧いた。関連の書籍読みあさるかも(笑)ってぐらい面白い。


私が書くと理系っぽく捉えられるかもですが、別に理系とか関係ないですからね。十分。直木賞受賞作品ですしね。文が読みやすい。するすると行ける。うまいし。


読むべし!デス。

1 件のコメント:

  1. 是非*handmadeオーディオブック化してください。

    返信削除