2009年2月9日月曜日

[小説] ネクロポリス

出張の飛行機の中で読もうと、購入しました。
もともと恩田陸さんの本は気になってはいたもののあまり知らなかったんだけど、最近、「ドミノ」「ユージニア」を読んで、ファンになりました。
本を読む前の著者の情報とかは一切知らずに、どんな人なんだろうと思って前2作は読んでたんですけど、最近調べていまい、女性だと知りました。なるほどーって思いました。ユージニアを読んでる最中は、「陸」って名前が男だとばっかり思って読んでたんだけど、違和感がすくなからずあった。男性の登場人物の心境や男性キャラ主観な描写が多いんですが、しっくりこないところがあって、逆に女性の描写はなんかウマい気がする。。なんかつかみ所のないひとだなー。って勝手に思ってましたから。笑

今回はそー言う先入観なしに読めたんで、また違う読み方が出来たかもしれません。


読む前から、本の厚みがすごいんで「ボリュームあるなー」と思ってたんですが、読み終えたら足りなかったですね。全然。笑 おもしろかったんで、もうちょっと書いてもらいたかったです。後書きを読む限り、著者も長さを気にしてたみたいですけど、無理に話を短くしなくても良かった気がします。。それぐらい恩田ワールドに引き込まれますよ。

前に読んだ2冊とは全然性格が違うと思ったんですけど、むしろ私が読んだ2冊の方が珍しいんですかね?なんか、位置づけがファンタジー作家になってますね。。そーなんだ、ユージニアとかあーゆー線も全然いけてると思うんですけどねー。まー、ジャンルなんで、どうでもいーです。おもしろけりゃ。

0 件のコメント:

コメントを投稿