2009年1月27日火曜日

[小説] ジェネラル・ルージュの凱旋

「チーム・バチスタの栄光」を読んでから、すっかり海堂さんファンになってしまいました。天の邪鬼なんだけど、この辺はスレませんよ。おもしろいモノはおもしろい。いいものはイイんです。

一作目も文庫になってから読んでるんで、そんなにファンではないかもしれないけれど、今回も発売日ぐらいに買っちゃってました。 なんか気分が乗らないと読めないっていう小説じゃないだけでも凄いですよねー。読んじゃうんですよー。

「ナイチンゲールの沈黙」と対の作品になってるのもニクいです。
読まれてない方は是非! 全部関連作品になってるんで、順番に読まないとだめですよー。「螺鈿迷宮」以外。




0 件のコメント:

コメントを投稿